見た目やカタチの前に

試験的に運用を始めた「みん100」も公開後1年が経ちました。

いろんな御縁から始まった「みん100」ですが、最大のきっかけは100円グッズ商社さんが

 

「どんなものがヒットするのか分からない」

「不稼働(在庫)になるとやがて大量処分せざるを得ない」

 

という切実な悩みを聞き、何かできないものか?と考え始めたのが「みん100」の始まりです。

 

見た目やカタチ、機能を持つ商品を100円で世に出すということは

並大抵のリスクではできないものです。

しかしながら、市場には100円グッズが浸透し、顧客や小売店の多様なニーズに対応することが

作り手側には求められます。

 

見た目が良ければいいのか?

パッケージが美しければいいのか?

耐久性は?使い心地は?

 

様々なデザインの要素がモノづくりに求められる中で、

それらをデザインする前段階、

 

「何故求められるのか?」

 

という部分を今までにないカタチでデザインしなければと考えています。

 

100円グッズをデザインするためにはまず、ヘビーユーザーさんを筆頭に、

100円グッズファンの方々から直接意見やアイデアを募り、それをユーザー同士が評価し合い、

更に作り手が精査するプロセスがより良いデザインが生まれる土壌になると考えています。

 

この度、より多くのユーザーさんに利用していただけるように

サイトのデザインをリニューアルしました。

是非ご覧ください。

 

min-100logo

http://min-100.com

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :